「ハムハムポーズ」とは?意味や使い方を解説!

SNSなどでよく見かける「ハムハムポーズ」という言葉があります。昔からよく使われる言葉のため覚えておくと便利です。今回は「ハムハムポーズ」について解説していきます。

目次

  1. ハムハムポーズ
  2. ハムハムポーズとは
  3. ハムハムポーズの意味
  4. 評判

ハムハムポーズ

ハムハムポーズ」という言葉について解説します。

若者の、特にプリクラや自撮りが好きな女子の間で流行している言葉です。

ハムハムポーズと検索をすると関連ワードに「きもい」と出てきてしまいますが、どんなポーズのことを言うのかや評判など紹介しますのでこれを機会に知ってみましょう。

ハムハムポーズとは

ハムハムポーズとは「下唇をハムっと噛んだ表情をつくる」ことです。

ハムスターでも食べ物のハムでもなく擬音のハムッとなっており、ソフトに可愛く噛むのがポイントになっています。

代名詞となっている女性タレントがいるなどメジャーなポーズなアヒル口、最近流行っていたほっぺに手をあてる歯痛ポーズに続いて、SNSで流行しているのがこのポーズです。

ハムハムポーズの意味

プリクラや自撮りをする女子の間で広がっているハムハムポーズですが、アヒル口や歯痛ポーズの流行がひと段落したことや、アイドルがしていたことなどから新しく流行りました。

  • アヒル口に比べて下唇を噛むだけという簡単さ
  • 寂しそうに見えたり甘えてるようにも見えたりして儚さがある
  • 噛み方によってはセクシーさも出る
などの効果があるようです。

評判

このポーズの評判としては

  • 照れてる感じがして可愛い
  • キスしてほしいけど言えない姿みたいにもどかしく見えて萌える
  • いじらしく見えて守りたくなる
など好意的に受け入れられてるようです。
一部「きもい」「あざとい」という意見もあるようですが、それも逆説的にハムハムポーズに効果がある証明かもしれません。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ