「純喫茶」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「純喫茶」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「純喫茶」という言葉の意味についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 純喫茶
  2. 純喫茶の意味とは
  3. 純喫茶を使った文章・例文

純喫茶

純喫茶(じゅんきっさ)」という言葉の意味について解説します。

昔ながらの古風な喫茶店、猫カフェなどの動物がいる喫茶店、みなさんご存知のスターバックスやドトールなど、様々な喫茶店がありますが、その中のどれが「純喫茶」に当たるのか、みなさんはご存知でしょうか。今回はそんな「純喫茶」の定義や他の喫茶店との違いを解説していきます。

純喫茶の意味とは

純喫茶とは、「アルコール類を提供しない、昔ながらの純粋な喫茶店」のことを意味します。

「純」とついていることからも分かるように、元々の喫茶店の形から差別化を図った様々な「特殊喫茶」が登場したため、昔ながらの喫茶店をいうときに用いられるようになった言葉です。「特殊喫茶」とは本来は女性による接客とアルコール類の提供を行うもののことですが、次第に猫カフェやメイドカフェなど、カフェ全般のことを指すものに変わっていきました。

純喫茶とカフェの定義の違いは「許可証」という形で明確に分けられています。
カフェや特殊喫茶にはアルコール類の提供や加熱以外の調理が認められる「飲食店営業許可証」が必要ですが、純喫茶はアルコール以外の飲み物と簡単な加熱調理のみが認められる「喫茶店営業許可証」が必要になります。昔ながらの喫茶店の内装でも、アルコールを提供していればそれは純喫茶ではなく厳密にはカフェになります。

動物を扱うカフェの営業にはさらに「動物取扱責任者」となるいくつかの条件を満たさなければなりません。

>

純喫茶を使った文章・例文

〈例文〉

  1. 近所にあった昔ながらの純喫茶が潰れてしまい、近隣住民の憩いの場が無くなった。
  2. 外装はどうみても最近流行りのカフェだったが、中に入ると純喫茶店だった

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ