「百聞は一見に如かず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)」とは?意味や使い方を解説!

「百聞は一見に如かず」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「百聞は一見に如かず」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 百聞は一見にしかず
  2. 百聞は一見に如かずの意味とは
  3. 百聞は一見に如かずの由来
  4. 百聞は一見に如かずの使い方・例文

百聞は一見にしかず

百聞は一見に如かず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)」という言葉の意味と百聞は一見に如かずを使った文章について解説します。

よく聞くことわざとしても有名な言葉です。

文字の意味だけでなんとなく意味が理解できそうなこの言葉、この機会にしっかりと意味を理解しましょう。

今回は「百聞は一見に如かず」の意味、使い方、例文などを解説していきます。

百聞は一見に如かずの意味とは

「百聞は一見に如かず」の意味は「たくさん聞くことよりも、見ることのほうが確かであること」を表します。

文字の通り、100回聞くことよりも1回見ることのほうが確かであるという意味を表した言葉です。

 

百聞は一見に如かずの類語

  • 論より証拠

百聞は一見に如かずの由来

百聞は一見に如かずは、漢書という書物の「反乱を起こした国を鎮圧する際に、敵国が遠かったため、現地を直接みたいと申し出たこと」という話が由来と言われています。

百聞は一見に如かずの使い方・例文

  1. 隣の街にとても美人がいるとよく聞くので、百聞は一見に如かずなので実際に隣の街に行ってみようと思う。
  2. 部室の鍵をかけたのか心配になって周りに確認したら、しっかりかけたと言っていたがやはり不安なので百聞は一見に如かず、見に戻ることにした。
  3. 選手の良さを測るには百聞は一見に如かずである。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ