「虎の威を借る狐」とは?意味や使い方を解説!

「虎の威を借る狐」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「虎の威を借る狐」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 虎の威を借る狐
  2. 虎の威を借る狐の意味とは
  3. 虎の威を借る狐の由来
  4. 虎の威を借る狐の使い方・文章

虎の威を借る狐

虎の威を借る狐(とらのいをかるきつね)」という言葉の意味や類語、虎の威を借る狐を使った文章について解説します。

主に、ネガティブな意味で利用されるこのことわざ、この機会に、虎の威を借る狐についてしっかりと意味を理解しましょう。

虎の威を借る狐の意味とは

虎の威を借る狐の意味は「権力を持つ者に頼り、威張る小者のこと」を表します。

虎の威を借る狐の「威を借る」とは、「権力を利用する」という意味があります。

虎の威を借る狐の類語

  • 便乗する
  • 笠に着る

虎の威を借る狐の由来

虎の威を借る狐は、「戦国策」という中国の書物が由来とされています。

戦国策のなかで、虎に食べられそうになった狐が「私は天帝から百獣の王に任命されているから、食べたら罰が下る。嘘だと思うならついてこい」といい、虎は狐について行きました。

狐が虎を連れて歩くと、ほかの動物は狐の後ろに虎を見て逃げ出していきました。

虎は自分自身が怖がられていると気づかないで、狐の話を信じたこと
が由来と言われています。

虎の威を借る狐の使い方・文章

  1. 理事長の孫だというだけで威張っている彼は、虎の威を借る狐だ。
  2. 1人になると大人しくなる彼は、まさに虎の威を借る狐だ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ