「お年玉」とは?意味や渡し方・金額を解説!

「お年玉」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても、渡す金額がわからない人が多いと思うので、この記事では「お年玉」について解説します。

目次

  1. お年玉
  2. お年玉の意味とは
  3. お年玉の由来
  4. お年玉を使った文章・例文

お年玉

「お年玉」という言葉の意味や由来、例文について解説します。

小さい頃は、これを楽しみにお正月を過ごしていましたが、皆さんはお年玉の意味や由来をご存知でしょうか。

意味は、広く知られていますが由来まではあまり知られていません。

また、あげる意味やいつからこの風習が根付いていったのかも気になります。

日本の風習には深い由来があるのでこの機会に、お年玉について深く知っていきましょう。

 

お年玉の意味とは

お年玉とは、「新年のお祝いとして子供や使用人にあげる金品」という意味です。

 

お年玉の由来

昔、供えたお餅をお下がりとして子供に食べさせていたことからこのお餅のことを「御年魂」と呼んでいたことが由来とされています。

また、お餅が丸いからお年玉になったという説もあります。

お餅がお金へと姿を変え、現在の「大人から子供に渡す」という習慣はいつから根付いたのかというと、高度経済成長期からだと言われています。

大人から子供にあげる意味は、お年玉は本来、目上の者から目下の者に渡すものだったからです。

余談ですが、お年玉の渡し方にはいくつかマナーがあります。

まず、お札はできればピン札を用意し、肖像画が内側にくるように折り曲げてポチ袋に入れましょう。

金額は、ご祝儀などもそうですが、奇数が縁起が良いとされています。

お年玉を使った文章・例文

  1. お年玉の金額は奇数が良いそうだから今年は三千円にしよう。
  2. 年に一度しか会わない親戚の子供にお年玉をあげる意味などあるのだろうか。
  3. 孫はお年玉を渡したらすぐに帰ってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ