「コントラスト」とは?意味や使い方を解説!

「コントラスト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コントラスト」について解説します。

目次

  1. コントラスト
  2. コントラストの意味とは
  3. コントラストを使った文章・例文

コントラスト

コントラスト」という言葉の意味をご存知でしょうか。

「光と影のコントラストが美しい」という言葉をよく耳にするかと思います。何かしらの特徴のことを指すことは分かっても、具体的にどういう状態を「コントラスト」といっていいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そんな「コントラスト」の意味や使い方を詳しく解説していきます。

コントラストの意味とは

コントラストとは、「対比」のことを意味し、主に「明暗などの差」を指します。

英語で「contrast」は二つ以上並んでいるものの視覚的な特徴の差を意味する言葉で、主に明るさの違いなどを指します。

携帯のカメラにもコントラストを上げる機能が搭載されており、実際の景色よりも陰影をはっきりさせた画像を撮ったり、後から編集したいときなどに使います。
漫画などで影になる部分に「トーン」を貼ったりすることもコントラストを生むための作業です。

色の明るさだけでなく、形や質感などの目に見える特徴の違いを幅広くコントラストと呼びます。

またよく「グラデーション」と混同されますが、グラデーションの場合は色が少しずつ変わっていくことや、複数の色が重なっている状態を意味します。

>

コントラストを使った文章・例文

  1. 自然が生むコントラストは人間の編集技術を遥かに越えて深い。
  2. 名監督たちが手掛けるアニメはどれもコントラストが鮮やかで、物語はもとより、画面を見ているだけで楽しめる。
  3. これまでは撮った写真に納得できなければベストタイミングを待つのみだったが、今ならコントラストを上げる編集をするだけで簡単に良い画像を量産できる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ