「シミュレート」とは?意味や使い方を解説!

「シミュレート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「シミュレート」について解説します。

目次

  1. シミュレート
  2. シミュレートとは
  3. シミュレートの使い方・例文

シミュレート

「シミュレーション」「シミュレーター」などのもとになる「シミュレート」という言葉をご存知でしょうか。目にする機会の多い言葉ですが、その意味までは知らない人もいると思います。

この記事ではその「シミュレート」について、意味や日本語での言い換えなどを詳しく解説していきます。
意味を知らなかった人はこの機会にぜひ覚えていってくださいね。

シミュレートとは

「シミュレート」とは「想定している状況と近い状態で行われる模擬実験」「模擬的な検証」という意味の英語です。日本語で表す際は上記のほかに「模擬訓練」「模擬演習」というような言葉で言い換えられることもあります。

「シミュレート」は英語で書くと「simulate」です。よく「シュミレーション」「シュミレート」と間違える人もいますが、英語表記だと正しい読み方もわかりやすいです。
英語では「~のふりをする」「~を装う」という意味でも使われています。

語源は「まねる」という意味のラテン語であり、そこから「本番を真似る」=「模擬実験」というような意味になりました。

上記の「シミュレート」から派生し、名詞の「シミュレーション」や、「シミュレートを行うための装置」という意味の「シミュレーター」という言葉もあります。
これらも上記同様「シュミレーション」や「シュミレーター」は間違いですので、注意が必要です。

>

シミュレートの使い方・例文

  1. これは野球部の活動をシミュレートしたゲームです。
  2. 明日は予定が詰まっているので、寝る前に効率的な時間の使い方をシミュレートしてみる

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ