「コリジョンルール」とは?ルール内容や例文を解説!

ここ数年で「コリジョンルール」という言葉を聞く機会が増えました。野球が好きな方なら一度は聞いたことがあると思います。この記事ではそんな「コリジョンルール」について解説していきます。

目次

  1. コリジョンルール
  2. コリジョンルールとは
  3. コリジョンルールの使い方・例文

コリジョンルール

コリジョンルール」は、野球のクロスプレーに関する言葉で「衝突ルール」とも呼ばれます。

2015年にアメリカのメジャーリーグで適用され、2016年に日本のプロ野球でも適用され、話題となりました。

このルールは新基準のため、まだまだ浸透しておらず不要論を唱える人がいるのも事実です。

この記事でしっかりとコリジョンルールについて理解しましょう。

コリジョンルールとは

コリジョンルールとは

  • キャッチャーはランナーが本塁に走ってきている時の立ち位置はホームベースの前でなければならない
  • ランナーは守備者(捕手や野手)に体当たりをしてはいけない
  • 守備者はランナーの走路をふさがない、ブロックしない
というルール内容になっています。(2017年 現在)

送球がそれて走路をふさがざる得ない場合、接触が免れない場合は適用しないなどなど細かいルールもあるがコリジョンルールといえば、上記の3点が代表的なルールです。

2011年にメジャーリーグで起こった衝突プレイが問題視され、キャッチャーの安全を守るためのルールとして誕生した。

高校野球でもすでに適用されている。

コリジョンルールの使い方・例文

  1. コリジョンルールのおかげでキャッチャーの怪我は減ったが、プレイ時間は伸びた。
  2. コリジョンルールの適用でキャッチャーの難易度が上がった。
  3. 安全なプレイはとても良いことだが、クロスプレーが見れなくなるコリジョンルールの適用は少し寂しい。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ