「レンジ」とは?意味や使い方を解説!

「レンジ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「レンジ」について解説します。

目次

  1. レンジ
  2. レンジの意味とは
  3. レンジの使い方・例文

レンジ

「レンジ」という言葉について解説します。

一口にレンジと言っても、家電の電子レンジのことをいったり、サッカーなどではシュートレンジ、ミドルレンジといったり、様々な場面で使われている言葉だと思います。

他にも統計学の用語として使われていたりもします。

今回はこの「レンジ」という言葉はどんな意味を持っている言葉でどのような使い方をされているのか紹介していきます。

ここで一度整理して、しっかりと把握してみましょう。

レンジの意味とは

レンジとは「距離・範囲・幅」などを指す意味の言葉になっています。

サッカーなどでショートレンジ、ミドルレンジと使われるのは、ゴールまでの距離のことを指しています。シュートレンジに入った。と言ったらシュートが打てる距離に入った。という意味になります。

また、統計学用語としてのレンジは「最大値から最小値の差・最大値から最小値をひいたもの」を意味します。これは範囲を示す言葉として使われているようです。

>

家電としてのレンジ

ガスレンジ・電子レンジなどの家電にもレンジという言葉が使われています。

同じような言葉にガスコンロという言葉がありますが、違いとしてはガスレンジといった場合はコンロの他にもオーブンの機能があるものをさし、ガスコンロといった場合はオーブン機能はありません。

レンジ=オーブン機能があり、使い方に幅があるものといえそうです。

レンジの使い方・例文

  • ショートレンジからのアッパーカットでノックアウト勝利を掴んだ。
  • 彼は好みのレンジが広い
  • 夕飯は冷蔵庫に入っているのでレンジでチンして食べてください。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ