「パラダイム」とは?意味や使い方を解説!

「パラダイム」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「パラダイム」について解説します。

目次

  1. パラダイム
  2. パラダイムの意味とは
  3. パラダイムを使った文章・例文

パラダイム

パラダイム」という言葉について解説します。

「パラダイムは変わっていく」昨今しばしば使われることがあるカタカナ語になってきつつあります。

パラダイムシフトなんて言ったりもしますが、

皆さんは日常やビジネスシーンなどでこのバラダイムという言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

頻繁に使う言葉ではないかもしれませんが、出てきた際に意味が分からず苦笑いすることになったりしないように、

一度、パラダイムの意味や使い方を整理してみましょう。

ここではそんなパラダイムという言葉について紹介していきますので、ぜひご覧になってみてください。

パラダイムの意味とは

>

パラダイムとは「ある特定の時代や特定の専門分野での支配的な物の考え方」「認識の枠組み」「規範」という意味の言葉となっています。

パラダイムシフトといった場合は「その時代や専門分野で支配的だった考え方が変わること」という意味になります。

代表的な例として地動説と天動説が挙げられます。

また、パソコン用語でパラダイムといった場合は「方法論」という意味を持ち、プログラミング開発における共通思考パターンを持つことをさします。

広義の意味ではカタカナ語のパラダイムも方法論と訳される場合もあるようです。

paradigm(パラダイム)

パラダイムは英語のparadigmからきています。

意味は「例」「規範」「典型」となっており、カタカナ語の意味とほぼ同じような意味といえそうです。

ちなみに、paradigmという言葉が使われるようになったのは、科学哲学者であるトーマス・クーンが1962年に刊行した「科学革命の構造」という著作が始まりだと言われています。

パラダイムを使った文章・例文

  • 時代や技術の進歩に合わせたパラダイムシフトが必要だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ