「ゲッツー」とは?意味や使い方を解説!

野球において「ゲッツー」という言葉を聞くことがあると思います。解説や実況の人が口にする「ゲッツー」という言葉について解説していきます。また、「ゲッツー」に関する言葉もあわせて紹介しまう。

目次

  1. ゲッツー
  2. ゲッツーとは
  3. ゲッツーの使い方・例文

ゲッツー

野球の試合中継を見ていると解説の人などが「ゲッツー」という言葉を使っているのを耳にしたことがあるかと思います。

しかし、「ゲッツー」という言葉は野球に詳しくない人にはピンとこない言葉ですよね。

この記事では、そんな「ゲッツー」について解説していきます。

ゲッツーとは

ゲッツーとは、野球で「1つのプレーでアウトを2つ取ること」を表します。

ダブルプレー」と「併殺」とも呼ばれます。

選手同士では「ゲッツー」ということが多いが、解説の場では「ダブルプレー」と呼ばれることが多いです。

ゲッツーは「ツーアウトでないこと」と「ランナーがいること」が絶対条件です。

ランナーが走塁でゲッツーを阻止しようとする危険な走塁を「ゲッツー崩し」といいます。

また、ゲッツーを取れる場面でアウトを2つ取れないことを「ゲッツー崩れ」といいます。

一文字違いで意味が違うので注意してください。

 

ゲッツーに関する言葉

ゲッツーに関する言葉としてよく挙げられるは「463」や「643」という数字があります。

野球には数字で守るポジションを表します。

  1. ピッチャー
  2. キャッチャー
  3. ファースト
  4. セカンド
  5. サード
  6. シュート
  7. レフト
  8. センター
  9. ライト
上記のように数字でポジションが判別できます。

「463のゲッツー」とは、「セカンドが捕球し、ショートがセカンドベースを踏み、ファーストがファーストベースを踏むこと」で「アウトが2つ取れたとき」に使います。

「643のゲッツー」も同様に、「ショートが捕球し、セカンドがセカンドベースを踏み、ファーストがファーストベースを踏むこと」で「アウトが2つ取れたとき」に使います。

試合中に最も多く見かける「ゲッツー」になります。

また、「三振ゲッツー」という言葉も稀に聞くことがあると思います。

三振ゲッツーとは、「バッターが三振、ランナーがタッチアウトでアウトが2つ取れること」を表します。
バッターが三振し、ランナーが盗塁などで飛び出していたところを見逃さないキャッチャーの技術が揃って成立する、キャッチャーの輝く瞬間の1つです。

ゲッツーの使い方・例文

  1. 463のゲッツーでピンチを脱した。
  2. 今日の相手は足を使ってくるチームだったため、三振ゲッツーが3つも取れた。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ