「スイーパー」とは?意味や使い方を解説!

サッカーにおいて「スイーパー」という言葉を聞くことが多くなったと思います。解説や実況の人が口にする「スイーパー」という言葉について解説していきます。また、「スイーパー」に関連する言葉も合わせて説明します。

目次

  1. スイーパー
  2. スイーパーとは
  3. スイーパーの使い方・例文

スイーパー

サッカーの試合中継を見ていると解説の人などが「スイーパー」という言葉を耳にするかと思います。

しかし、「スイーパー」という言葉はサッカーに詳しくない人にはピンとこない言葉ですよね。また実は「スイーパー」はマラソンでも使われる言葉だったりと複数の意味を持ちます。

この記事では、そんな「スイーパー」について解説していきます。

スイーパーとは

スイーパーとは、一般的には「掃除機・掃除人」という意味を表します。

しかし、サッカーやマラソンではそれぞれ違う意味があるので解説していきます。

サッカーにおけるスイーパー

サッカーにおけるスイーパーとは「ディフェンスラインの最後に位置どり、カバーリングを中心に行い、守備の最後の砦となるディフェンダーのこと」を表します。

スイーパーの他に「ストッパー」と呼ばれたりもします。

味方選手のディフェンスのこぼれ球や抜かれた際のカバーリングを主に担当し、守備を安定させる役割を持ちます。

CBが進化してきた結果、現代サッカーではあまり見られなくなったポジションの1つです。

マラソンにおけるスイーパー

マラソンにおけるスイーパーとは「制限時間に合わせて走り、最後尾で走る人のこと」を表します。

スイーパーに抜かされた人はゴールするのが難しくという目安になる人で、最後尾安全確認などを行なっているそうです。

スイーパーの使い方・例文

  1. 今時珍しいスイーパーを起用が今日の勝因である。
  2. 足を負傷してしまい、スイーパーに抜かされたので大人しく棄権した。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ