「特別出演」とは?意味や使い方を解説します!

「特別出演」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「特別出演」について解説します。

目次

  1. 特別出演
  2. 特別出演の意味とは
  3. 特別出演の使い方・例文

特別出演

皆さんは「特別出演」という言葉をご存知でしょうか。

映画などのクレジットによく見かける言葉ですね。
似た言葉に「友情出演」がありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

特別出演の意味とは

>

特別出演とは「映画やドラマなどで、本来なら主役級の役を演じるような大物俳優にお願いして、出演時間の短い役を演じてもらうこと」という意味です。

創作物の物語にはしばしば、出番は短くとも重みのある演技を要求される役柄というものが存在します。
たとえば物語の最後にだけ登場する敵の首魁だったり、早期に退場してしまう主人公の師匠だったりといった登場人物です。

これらのような役柄を未熟な演者が演じても様にならないので、貫禄のあるベテランの役者をキャスティングしたいところです。
しかしそういった俳優は出演時間の長い主役級の役柄に名を連ねることが常であり、短時間の出演を頼むにはハードルが高いものです。

そういった事情のあるキャスティングをする場合の文字通り特別枠として設けられるのが「特別出演」です。

それに対して、「友情出演」とは「監督や主演俳優など作品のキーパーソンと親しい大物俳優が、格安の出演料で出演すること」という意味です。
いわばコネによるキャスティングであり、大物を起用することで作品の格を上げるメリットがあります。
また大物俳優の側から見ても、「友情出演」して自分の顔を売ることで人脈の強化や面倒見の良さなどをアピールでき、評価を上げるチャンスといえます。

特別出演の使い方・例文

  1. 有名な大御所俳優に特別出演をお願いしたら、快く引き受けてくれた。
  2. デビュー作に特別出演してくれた俳優さんから、演技について大事なことをたくさん教えてもらった。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ