「迷惑千万」とは?意味や使い方を解説!

「迷惑千万」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「迷惑千万」について解説します。

目次

  1. 迷惑千万
  2. 迷惑千万の意味とは
  3. 迷惑千万の使い方・例文

迷惑千万

迷惑千万(めいわくせんばん)」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「めいわくせんばん」となります。

この「迷惑千万」とは、2つの言葉で成り立っており、お互いの言葉の意味を強調した四字熟語になります。

よく「迷惑千万な話だ。」や「迷惑千万この上ない。」、「迷惑千万極まりない。」といった使い方をします。

年齢層の高い方は、自然に使う機会も多いかもしれませんが、若い世代の方々は使う機会が少ない言い回しかもしれません。

今回はそんな「迷惑千万」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

迷惑千万の意味とは

迷惑千万(めいわくせんばん)とは「この上なく、迷惑であること。または、その様子。」という意味になります。

使い方としては「迷惑千万この上ない。」や「迷惑千万な話。」、「迷惑千万極まりない。」といった表現になります。

ちなみに迷惑とは「ある行為がもとになって、他の人が不利益を受けたり、不快感を感じたりすること。または、その様子。」という意味になります。

そして、千万とは「この上ないこと。甚だしい。」という意味を持ちます。

この2つの言葉が重なることで、お互いの意味を強調し「この上なく迷惑であること。」という意味になります。

迷惑千万の使い方・例文

  1. 私と上司が付き合っているなどと、根も葉もないうわさを流され迷惑千万この上ない。
  2. 深夜3時に、平気で電話をかけてくるなんて迷惑千万な話だ。
  3. ゴミの回収日を守らない人がいるせいで、収集場にカラスが大量発生しており迷惑千万極まりない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ