「ベジタリアン」とは?意味や使い方を解説!

「ベジタリアン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ベジタリアン」について解説します。

目次

  1. ベジタリアン
  2. ベジタリアンの意味とは
  3. ベジタリアンを使った文章・例文

ベジタリアン

皆さんの周りには、「ベジタリアン」の人はいらっしゃるでしょうか。

一口にベジタリアンといっても、人によって様々です。
厳密に植物性のものしか食べない人もいれば、「オボベジタリアン」や「ラクトベジタリアン」である人たちもいます。
食生活も、その信念を持つ理由も幅広いのが「ベジタリアン」です。

今回は「ベジタリアン」について詳しく解説します。

ベジタリアンの意味とは

ベジタリアンとは「菜食主義者」という意味です。

「菜食主義者」というと、厳密に植物性の食べ物しか食べない人という印象を受けますが、こういった食生活にこだわりを持つ人には様々な細かい分類があります。
国際ベジタリアン連合の定義では、「肉・魚介類及びそれらの副生成物を含んだものを食べない人」のことをベジタリアンといいます。
副生成物とは、動物性の油や出汁なども含みます。

ベジタリアンの中には、たとえば菜食に加えて卵も食べることができる「オボベジタリアン」や乳製品も食べることができる「ラクトベジタリアン」がいます。
そして、卵も乳製品も食べる菜食主義者を「オボ・ラクト・ベジタリアン」または「ラクト・オボ・ベジタリアン」といいます。
逆に、より厳密な菜食をしているのがヴィーガンで、動物性の食品は全て、卵や乳製品はもちろんはちみつなども排除しています。さらに革製品などの動物由来の製品全般を避けることもしています。

なぜベジタリアンとなるのか、その理由は人により様々です。具体的には殺生を禁じる宗教上の理由、倫理面での理由、健康上の理由などが挙げられます。

>

ベジタリアンを使った文章・例文

  1. 私はベジタリアンなので、外食の際は店選びに気を遣う。
  2. 人口に対するベジタリアンの割合が一番高い国はどこでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ