「ファクター」とは?意味や使い方を解説!

「ファクター」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ファクター」について解説します。

目次

  1. ファクター
  2. ファクターの意味とは
  3. ファクターの使い方・例文

ファクター

ファクター(factor)」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

「重要なファクター」という形で、ビジネスシーンなどでよく登場する言葉ですが、なんのことを指しているのか分からずに戸惑ったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな「ファクター」について意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

ファクターの意味とは

>

ファクター(factor)とは、「要素・要因」という意味になります。

勝負事や事業などにおける戦術や戦略のように、結果に影響を及ぼしたとされるものを要素と呼びます。

似た意味の言葉に「原因」がありますが、原因の場合はある事柄を発生させたものを指すため、ファクターよりも直接的・確定的に関係しているものを指します。ちなみにそれぞれ主にポジティブな意味とネガティブな意味で使い分けもされており、「失敗のファクター」という表現はほとんど用いられず、「成功の原因」という使い方もあまりされません。

またファクターも原因も必ずしも一つではなく、複数のものが該当する場合も多くあります。

ファクターの使い方・例文

  1. 次に対戦する投手からはそう簡単ヒットを打てそうにないから、しっかりと送りバントを決めることが、勝利のための重要なファクターとなってくるだろう。
  2. 献身的にプロジェクトを支えてくれたことが今回の事業が成功に至ったファクターの一つだが、彼自身はそのことに気が付いていない。
  3. 成功するためのファクターなんて、わざわざ高い受講料を払ってまで聞かずとも様々な本に書かれている時代だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ