「代替」の読み方と意味について解説!

みなさん「代替」という言葉こちらの読み方がわかりますでしょうか?今回は「代替」という読み方を間違えやすい言葉の読み方と意味について解説していきます。

目次

  1. 代替
  2. 代替の読み方・意味
  3. 代替を使った言葉・例文

代替

みなさん「代替」という言葉の読み方をご存知でしょうか?

  • だいかえで正しい?
  • だいがえは間違い?
  • だいたいだっけ?
と思われる方もいるかもしれません。今回は意外と読み方を忘れやすい「代替」という言葉の読み方と意味を解説していきます。

代替の読み方・意味

代替の読み方は「だいたい」または「だいがえ」と読みます。「代」は「だい」で「替」は音読みで「たい」で訓読みで「がえ」となります。本来は「だいたい」が正しいのですが、「だいがえ」と読む方が多くこちらも一般的な読み方となりました。

代替の意味は「それに見合う他のものに代えること」を意味します。つまり代わりですね。「代替案」は代わりの案、「代替車」は代わりの車という意味になります。

代替を使った言葉・例文

  • 代替日
  • 代替者
  • 代替車
  • 代替療法
  • 代替案

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ