「マシンガントーク」とは?意味や使い方を解説!

「マシンガントーク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マシンガントーク」について解説します。

目次

  1. マシンガントーク
  2. マシンガントークの意味とは
  3. マシンガントークを使った文章・例文

マシンガントーク

皆さんは、「マシンガントーク」という言葉をご存知でしょうか。
バラエティ番組などでよく耳にする言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。「弾丸トーク(だんがんとーく)」という言葉で聞いたことのある方もいるかも知れません。

この記事では、「マシンガントーク」の意味を解説させていただきます。

マシンガントークの意味とは

「マシンガントーク」とは、「次から次へと言葉を途切れさせない話し方」「相手に言葉を挟む余裕を与えない話し方」という意味です。「弾丸トーク(だんがんとーく)」と言うこともあります。
マシンガンというのは、弾丸を連続発射する銃のことです。言葉を弾丸に見立て、連続発射する様子に似ていることから、話が止まらないでひたすらしゃべり続けることをマシンガントークと呼ぶようになりました。

女性は脳の仕組みが男性と違うので、男性に比べ非常によく喋る傾向があります。その為、女性の方がマシンガントークを得意とする傾向が見られます。男性は一日に2000語話せば充分ですが、女性は一日に6000語話さなければ落ち着かない性質があるとされているので、話が止まらないでマシンガントークになりがちです。

>

マシンガントークを使った文章・例文

ここで、「マシンガントーク」を使った例文をご紹介します。

1.最近の芸人はマシンガントークを売りにしている人が多くて、全く聞き取れなくて面白くない。
2.妻のマシンガントークは理由があると分かっていても、疲れるのでなかなか聞いてあげることができない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ