「活況」とは?意味や使い方を解説します!

「活況」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「活況」について解説します。

目次

  1. 活況
  2. 活況(かっきょう)の意味とは
  3. 活況の使い方・例文

活況

活況」という言葉について解説します。

「活況を呈する」「株式市場が今年一番の活況を見せている」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きした事があるのではないでしょうか。

日常生活の中で頻繁に使用するような言葉ではないかもしれませんが、ここで一度押さえてみましょう。

ということで、ここではそんな「活況」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

活況(かっきょう)の意味とは

>

活況(読み方・かっきょう)とは「生き生きとして景気のよい様子。特に、商業や株式市場などの状況についていうことが多い」という意味の言葉となっています。

ということで「活況を呈している」といった場合「景気の良さをしめしている」という意味になり、「株式市場が今年一番の活況を見せている」といった場合「株式市場が今年一番景気の良い状態になっている」という意味になることが分かるのではないでしょうか。

不景気、不景気と言われてから数十年たちますが、景気が良い!と日本が沸く日はいつ来るのでしょう。

時流によっては一部で景気が良いということはあるようですが、全体的にみんなで景気の良さを実感して、未来に希望しか無い!といった日が来るといいですよね。

活況の使い方・例文

  • スーパースターの登場で、eスポーツ業界が活況に沸いている。
  • 今は少し寂れたこの市場でも、その昔は豊漁につぐ豊漁でそれはそれは毎日活況を呈していたいた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ