「死闘」とは?意味や使い方を解説!

「死闘」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「死闘」について解説します。

目次

  1. 死闘
  2. 死闘の意味とは
  3. 死闘の使い方・例文

死闘

皆さんは、「死闘(しとう)」という言葉をご存知でしょうか。

「死闘を繰り広げる」など、小説などで呼んだことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「死闘」の意味や読み方、使い方・例文を解説させていただきます。

死闘の意味とは

>

「死闘(しとう)」とは、「死に物狂いで戦うこと」「決死の覚悟で戦うこと」という意味です。

「死闘の末(しとうのすえ)」や「死闘を繰り広げる(しとうをくりひろげる)」といった形で使われることが多い単語です。

死闘の意味合いとしては、勝敗ではなく戦いそのものを表すものです。

その為、勝っても負けても死に物狂いで戦った、決死の覚悟で戦ったという事実があれば、「死闘を繰り広げた」「死闘の末の勝利」などと言うことができます。

死闘という言葉を使うにあたって大事なことは、勝敗や状況ではなく、命がけの思いで戦っているかどうかなど、戦いに参加している人の感情や覚悟です。

その戦いがどのような結果になろうと、戦いに参加している人が強い覚悟を持っているのであれば死闘と呼ぶことができます。

死闘の読み方はそのまま「しとう」です。特別な読みではないので、間違えることはほぼありません。

死闘の使い方・例文

ここで、「死闘(しとう)」を使った例文をご紹介します。

1.合宿中に野生のクマに襲われたが、死闘の末に何とか追い払うことができた。
2.死闘の果てに生まれる友情もあることだろう。
3.死闘の末、最後に生き残るのはどちらになるのだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ