「干渉」とは?意味や使い方を解説します!

「干渉」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「干渉」について解説します。

目次

  1. 干渉
  2. 干渉(かんしょう)の意味とは
  3. 干渉の使い方・例文

干渉

干渉」という言葉について解説します。

「あの国があの国へ武力干渉をした」「彼女は自分の子供に対して過干渉気味だ」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きした事があるのではないでしょうか。

特に2022年になってからは、ロシア・ウクライナ関連の報道で耳にすることが増えたかもしれません。

ビジネスの場でも、日常生活の中でも度々登場する言葉と言えますので、ここできちんと押さえておきましょう。

ということで、ここではそんな「干渉」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

干渉(かんしょう)の意味とは

>

干渉(読み方・かんしょう)とは

  1. 他人のことに立ち入って自分の意志に従わせようとすること。
  2. 国際法で、一国が他国の内政・外交に、その国の意思に反して介入すること。
  3. 二つ以上の同じ種類の波が重なって、互いに強め合ったり弱め合ったりする現象。
といった意味を持つ言葉となっています。

ということで、「あの国があの国へ武力干渉をした」といった場合は2の意味で「あの国があの国の意思に反して武力をもって介入した」となりますし、「彼女は自分の子供に対して過干渉気味だ」といった場合は1の意味で「彼女は自分の子供に対して過度に自分の言うことに従わせようとする」となることが分かると思います。

3の意味で使われるのは「電波干渉」といった形で、「テレビの横にWi-Fi機器を置くと電波干渉してネットが弱くなる」などと使われます。

改めて意味を見てみると、やたらと他の国のすることにいちゃもんをつける国や人がいますが、あれは全部、干渉にあたるのでは?と思ったりしました。

干渉の使い方・例文

  • 過干渉の親に育てられた子供は成長してからかなり苦労をすると言われている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ