「トランジット」とは?意味や使い方を解説!

「トランジット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「トランジット」について解説します。

目次

  1. トランジット
  2. トランジットの意味とは
  3. トランジットを使った文章・例文

トランジット

トランジット」という言葉をご存知でしょうか?
海外旅行や海外出張などが多い方ならお馴染みの言葉かもしれませんね。
しかし、占いでも使われる言葉だと知ってらっしゃる方は少ないかもしれません。
今回は「トランジット」について解説します。

トランジットの意味とは

「トランジット」とは、英語で「transit(通過、乗り継ぎ)」という意味の外来語です。

航空機で、目的の国へ行く途中で、他国の空港へ立ち寄ること。またその乗客のことをトランジットといいます。立ち寄った空港では、空港の外へ出ることはできず、空港外で宿泊などをする場合は「トランジット・ビザ」を申請する必要があります。

トランジットは、一般に最初に搭乗した航空機と同じ機体に乗り込みますが、違う機体に乗り換える場合をトランスファー(transfer)といって区別されます。
また、通過のために立ち寄る時間が24時間以内だとトランジット、それを超える場合はストップオーバー(stopover・途中降機)と呼ばれます。

>

占いにおける「トランジット」

占星術では、運勢を占う重要なファクターのひとつとして、トランジットというものがあります。
このトランジットとは、特定の日の実際の天体図(星の配置)のことを指します。
占星術は、ネイタル(出生図)の上にプログレス(進行)とトランジット(経過)を重ね合わせた三重円と呼ばれる図式を読み解くことで運勢を占うものです。
 

トランジットを使った文章・例文

1.トランジットの空港で時間を持て余してしまった。
2.トランジットが分かれば、占星術中級者だといわれています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ