「ギミック」とは?意味や使い方を解説!

「ギミック」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ギミック」について解説します。

目次

  1. ギミック
  2. ギミックの意味とは
  3. ギミックを使った文章・例文

ギミック

皆さんは、「ギミック(gimmick)」という言葉をご存知でしょうか。

プロレスなどでもよく使われる言葉なので、耳にしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「ギミック」の意味を解説させていただきます。

ギミックの意味とは

>

「ギミック(gimmick)」とは、「手品やおもちゃのしかけ、カラクリ」「人目を引く為の工夫や特殊効果」という意味です。

単なるしかけではなく、人の興味を引く為の面白いしかけをギミックと呼びます。

例えば、マーケティングなどでも「人の気を引く為に音の出るギミックを用意しました」とは言いますが、「購買意欲を煽る為にキャッチコピーというギミックを用意しました」とは言いません。
相手が驚く、面白がることを目的にしているかどうかで、「しかけ」と「ギミック」の違いが現れます。

ギミックは、直接内容に関係無いイラストや音を用いることで人の気を引く「アテンション」というテクニックの一つです。珍しい音や不自然な言葉でユニークさを演出する特殊効果を総括して、ギミックと呼びます。

ギミックを使った文章・例文

ここで、「ギミック(gimmick)」を使った例文をご紹介します。

1.手品のギミックに気付いても言わないのが人としてのマナーだ。
2.お腹を押すと喋るギミックを搭載しているので、音の出るおもちゃが好きなお子さんにはオススメのおもちゃです。
3.プレゼン中に鳥の鳴き声がするギミックを用意したから、次のプレゼンはきっとみんなが注目してくれる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ