「キャンパス」とは?意味や使い方を解説!

「キャンパス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「キャンパス」について解説します。

目次

  1. キャンパス
  2. キャンパスの意味とは
  3. キャンパスを使った文章・例文

キャンパス

皆さんは、「キャンパス(campus)」という言葉をご存知でしょうか。

大学のオープンキャンパスなど、若い世代の方には馴染みのある言葉かも知れません。

この記事ではん、「キャンパス」の意味を解説させていただきます。

キャンパスの意味とは

>

「キャンパス(campus)」とは、「大学の構内」を指す言葉です。

教室棟や図書館を始めとした建物と敷地だけでなく、大学に通う学生や講師、大学全体の雰囲気を指すこともあります。

オープンキャンパスとは、大学の体験入学や見学会を意味します。
主な対象は高校3年生ですが、最近では早めに進路を決める為に高校2年生の参加を認めていることもあります。

学園祭などの名を借りてオープンキャンパスという形で学生の様子を見ることもあるので、遊び半分で行くと進路に影響することもあります。

キャンパスの語源ですが、元々は「敷地」という意味でした。

「オープンスペース」という意味もあり、「キャンプ」と同じように拠点という意味で使うこともできます。多くの人が行き来する敷地や大学という拠点を意味する言葉として、「キャンパス」を使い始めたのが語源だとされています。

キャンパスを使った文章・例文

ここで、「キャンパス(campus)」を使った例文をご紹介します。

1.そろそろオープンキャンパスに通って、自分の進路について考えたいと思う。
2.例え成人していてもキャンパス内で酒を飲んで良い訳無いだろう。
3.キャンパスに見慣れない人が多いけど、誰が学生で誰が部外者なのか全く分からないな。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ