「アニバーサリー」とは?意味や使い方を解説!

「アニバーサリー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アニバーサリー」について解説します。

目次

  1. アニバーサリー
  2. アニバーサリーの意味とは
  3. アニバーサリーの使い方・例文

アニバーサリー

皆さんは「アニバーサリー」という言葉をご存知でしょうか。

祝い事のお知らせに「〇〇th anniversary」と書かれた宣伝を見たことはあると思います。これは「○○周年記念日」という意味ですね。

今回は「アニバーサリー」という言葉について詳しく解説します。

アニバーサリーの意味とは

>

アニバーサリーとは「ある出来事に対する毎年の記念日」という意味です。
英語では「anniversary」と綴ります。

全ての人にとってなじみ深い、最も身近なアニバーサリーは「誕生日」です。
人が生まれた日を祝う「誕生日」は一年に一回、毎年同じ日付に決まっています。個人個人で生まれた日が違うので、当然ながら「誕生日」がいつなのかは万人に共通ではありません。

結婚した男女には結婚記念日があるように、人生の節目の日をアニバーサリーとして祝う人は多いですが、いつを何の記念日とするかは個人差があります。

このように、各個人ごとに固有の記念日である、ということがアニバーサリーの特徴です。

遊園地やお店の営業開始日や学校の創立日など、大勢で祝うアニバーサリーもあります。
しかしこれらも、なじみのお客やスタッフ、在籍している生徒や職員などの関係者以外には通じないものです。

天皇誕生日や建国記念日などもアニバーサリーであると言えますが、やはり国外の人には関係がありません。
関係するコミュニティに所属している人以外には何の意味もない、という固有性があるのがアニバーサリーなのです。

アニバーサリーの使い方・例文

  1. このテーマパークは今日で40周年のアニバーサリーを迎えた。
  2. 息子の初めてのアニバーサリーのために、いろいろと準備をした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ