「デリケート」とは?意味や使い方を解説!

「デリケート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「デリケート」について解説します。

目次

  1. デリケート
  2. デリケートの意味とは
  3. デリケートを使った文章・例文

デリケート

デリケート(delicate)」という言葉は、日常会話の中でよく使う言葉ですね。「デリケートな問題」「デリケートゾーン」などよく使う表現もあります。

「デリケート」は聞く機会が多いですが、元々の意味や英語の意味を知らない人も多いかもしれません。頻繁に使う言葉ですので正しく知っておきたいですね。

この記事では「デリケート」の意味や使い方などを解説します。

デリケートの意味とは

「デリケート」は英単語の「delicate」が語源です。

「デリケート」の意味は主に3つあります。

一つめは「感受性が強い様子・繊細な様子」で、二つめは「細心の注意を払う必要があること・微妙であること」です。三つめは「精巧で壊れやすい様子」です。

一つめの意味では「デリケートな人」などの形でよく使われてなじみがあると思います。二つめの意味では「デリケートな問題」などの表現が当てはまります。三つめは「デリケートな機械」などの形で使われます。

英単語の「delicate」には「繊細な」「優美な」などの意味があり、その意味を基本的にはそのまま使っていますね。

>

デリケートを使った文章・例文

  1. 彼はとても感受性が強くてデリケートな人だから、何気なくこちらが放った言葉が深刻なダメージを与えることがある。
  2. 我が社のコンピュータは精巧にできている。デリケートな製品なので、配送の際には慎重に運ぶようにお願いしたい。
  3. デリケートゾーンがかゆくなると、人前ではかくことが難しいため、とても苦しい思いをすることになる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ