「感化」とは?意味や使い方を解説!

「感化」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「感化」について解説します。

目次

  1. 感化
  2. 感化の意味とは
  3. 感化の使い方・例文

感化

ニュースなどで「感化(かんか)」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

「海外で活躍する一流選手に感化されて野球を始めた」や「過激思想に感化される若者はいつの世もいる」というように、広く使われていますが、どういう意味なのか気になったという方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな「感化」という言葉について意味や使い方などをご紹介していきます。

感化の意味とは

>

感化(かんか)とは、「影響を受けて心境や行動の変化が起きること、あるいは他人に影響を与えること」を意味します。

言葉や行動、作り出した芸術などで他人に影響を与えることや、自分が影響を受けることを指す言葉で、良い影響と悪い影響の両方に対して用いられます。またそこから行動が変わることも指します。

しっかりと理解したうえで影響を受ける場合と、根拠のない言説に影響されてしまう場合も同じく「感化される」が用いられ、影響を受けて変化が起こることに対して広く用いられる言葉です。

類語には「触発(しょくはつ)」が挙げられます。
触発の場合は何かに影響されて行動に移すことを指しますが、感化は影響されることそのものを指します。

感化の使い方・例文

  1. 幼い頃にファンタジー作品に感化されたせいか、どんな物語にもファンタジーの可能性を見出してしまうようになった。
  2. 自分の作品から感化を受けたような世代が出てきたのかと思うと素直に嬉しい。
  3. 謎のセミナーに参加してからというもの、友人が悪い方向へ感化されていってるようだが、本人が望んでいる以上口出しができない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ