「架電」とは?意味や使い方について解説

「架電」という言葉は聞いたことが無い方も多いかと思います。ビジネスではメールなどで登場する事があり、いきなり登場しても戸惑わないようにしっかりと意味を理解しておきましょう。

目次

  1. 架電
  2. 架電の意味とは?
  3. 架電の類義語と反対語
  4. 架電の例文・使い方

架電

みなさんは「架電」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

  • クライアントに架電する・・
  • 昨日架電した件・・
  • 架電にてお伝えした件です

などなどビジネス上ではメールなどで「架電」という言葉は登場します。この「架電」の意味や例文、類義語・反対語について今回ご紹介していきます。

いきなり「架電」という言葉が出てきても戸惑わないように、意味をしっかりと理解しましょう。

架電の意味とは?

まず「架電」の読み方ですが、「かでん」です。同じ読み方の「家電」や「荷電」と混同しないようにしましゅ。

「荷電」の意味ですが、「相手に電話をかけること」「電話すること」という意味になります。

元々「架」という字は「棚」という意味があり、「木に平らな板をかけて棚にする」→「架け渡す」となります。さらに「電」を組み合わせて「電話を架け渡す」という意味になります。

架電の類義語と反対語

架電の類義語は「通話」「呼び出し」「電話」「通話」などとなります。

また架電は「相手に電話をかけること」なので、その反対の意味合いとしては「受電」「受信」となるようです。
 

架電の例文・使い方

架電を使った例文や使い方をご紹介します。

  • 先日営業してきた方から再度架電がありました。
  • 先日架電にてご連絡いたしました。
  • 本日○○より架電あり
  • 架電者は誰なのか不明です

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ