「フリーキック」とは?意味や直接・間接の違いを解説!

サッカーにおいて「フリーキック」という言葉を聞くことがあると思います。この記事では、解説や実況の人が口にする「フリーキック」という言葉について解説していきます。また、直接フリーキックと間接フリーキックの違いも解説します。

目次

  1. フリーキック
  2. フリーキックとは
  3. フリーキックの使い方・例文

フリーキック

サッカーの試合中継を見ていると解説の人などが「フリーキック」という言葉を耳にするかと思います。

サッカーに詳しい方はフリーキックについて理解していると思いますが、しかし「フリーキック」という言葉はサッカーに詳しくない人にはピンとこない言葉かと思います。

この記事では、そんな「フリーキック」について解説していきます。

フリーキックとは

フリーキックとは「反則により相手に邪魔されないでボールを蹴ることができるプレー」を表します。

フリーキックには、「直接フリーキック」と「間接フリーキック」の二種類があります。

直接フリーキックと間接フリーキックには、反則の条件やルールの違いがあるのでしっかり理解しましょう。

直接フリーキックとは

直接フリーキックとは「直接ボールをゴールにできるフリーキックのこと」を表します。

直接フリーキックを与えられる反則は

  • 相手を転ばす
  • 相手を蹴る
  • 意図して手や腕を使う
  • 相手を押す
  • 過剰なチャージを行う
  • 相手を殴る
などの行為を受けたら直接フリーキックを与えられます。

直接フリーキックが与えられる反則をペナルティエリア内で起こった場合は、フリーキックではなく、ペナルティキックが与えられます。

間接フリーキックとは

間接フリーキックとは「ボールを誰かを経由しないとゴールにできないフリーキックのこと」を表します。

間接フリーキックを与えられる反則は

  • キーパが味方からの足で出されたパス・スローインを手で触る
  • キーパーが6秒以上ボールを保持する
  • 相手の選手への進路妨害
  • オフサイド
などの行為を受けたら間接フリーキックを与えられます。

味方・相手問わずフリーキックの後に誰かに触れたらボールがゴールに入ってもゴールが与えられます。

フリーキックの使い方・例文

  1. 絶好の位置でフリーキックが与えられました。チャンスです。
  2. オフサイドフラッグが上がっています。オフサイドです。相手のフリーキックから再開されます。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ