「推敲」とは?意味と使い方を解説!

「推敲」という言葉一度は聞いたことはあるのではないでしょうか?この記事では「推敲」の意味と使い方を解説していきます。また、「推敲」の由来や類語も合わせてご紹介します。

目次

  1. 推敲
  2. 推敲の意味とは
  3. 推敲の由来
  4. 推敲の使い方・文章

推敲

推敲(すいこう)」という言葉の意味・類語、推敲の使い方・例文について解説します。

学校などでよく使われるこの言葉、文字の意味だけではいまいちわからないこの言葉について、この機会にしっかりと意味を理解しましょう。

推敲の意味とは

推敲の意味は「文章を作るにあたって、良い表現を求めて、何度も練り上げて、修正すること」を表します。

推敲の類語

推敲の由来

推敲の由来

唐の詩人の賈島(かとう)が、自作の句の表現について、「推す」を「敲く」どちらにするかどうか迷っていたら、名文家である韓愈の行列につっこんでしまった。

ところが、韓愈は怒るどころか、「敲く」の方が良いよ助言をしてくれた。


という話から生まれたことわざです。

推敲の使い方・文章

  1. この感想文は推敲を重ねた自信作だ
  2. 先生に推敲のお願いする

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ