「携わる」とは?意味や使い方を解説!

「携わる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「携わる」について解説します。

目次

  1. 携わる
  2. 携わるの意味とは
  3. 携わるの使い方・例文

携わる

皆さんは、「携わる(たずさわる)」という言葉をご存知でしょうか。

「○○の案件に携わっておりました」など、ビジネスの場で使われる言葉なので見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「携わる」の意味を解説させていただきます。

携わるの意味とは

>

「携わる(たずさわる)」とは、「ある物事に関わる、従事する」という意味の言葉です。

特に、仕事として関わるという意味の強い言葉です。

携わると似た言葉に、「関わる」と「従事する」があります。
「関わる」は「ある事柄や組織、人などと何かしらの関係を持つこと」を言います。

携わるは主に仕事として関わるという意味ですが、「関わる」はもっと幅が広く、何かに関係を持つこと全てを表すことができます。

「従事する」は「その仕事に携わること」という意味となるので、携わるとほとんど同じ意味になります。

また、携わるは「携る(たずさわる)」と表記することもあります。
「携る」も間違いではありませんが、「携える(たずさえる)」という言葉と混同されてしまうので「携わる」と表記するのが一般的です。

携わるの使い方・例文

ここで、「携わる(たずさわる)」を使った例文をご紹介します。

1.ボランティア活動に携わることで、様々な経験ができた。
2.これまでは教育に携わって来たが、今後はプログラミングを学ぼうと思う。
3.これまで携わって来たプロジェクトはどれも成功したので、今後はよりやりがいのあるプロジェクトに携わりたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ