「捺印」とは?意味や使い方を解説!

「捺印」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「捺印」について解説します。

目次

  1. 捺印
  2. 捺印の意味とは
  3. 捺印の使い方・例文

捺印

皆さんは「捺印(なついん)」という言葉をご存知でしょうか。

「なついん」という読み方もさることながら、「押印」との使い分けに戸惑う人も少なくないでしょう。

今回は「捺印」という言葉について詳しく解説します。

捺印の意味とは

>

捺印とは「印を押すこと」という意味です。
読み方は「なついん」です。

同じような使い方をする言葉に「押印(おういん)」があります。
普段はあまり使い分けを意識しませんが、実は二つの言葉には明確な違いがあります。

「捺印」「押印」はそれぞれ「署名捺印」「記名押印」の略なのです。
そのため、署名に添えて押す印は「捺印」、記名に添えて押す印は「押印」と呼ばれるのです。

では、「署名」と「記名」の違いは何か。それは「本人による手書きか否か」です。

「署名」とは「当人が自分の手で書いた名前」のことです。一方の「記名」は「印刷やゴム印などで印刷された名前」もしくは「代理人が書いた名前」のことです。

法的に重要度が高いのは圧倒的に「署名」の方です。その署名に添えて押す印である「捺印」も、やはり重要と言えるでしょう。

役所に提出するような書類に押す印は、全て「捺印」だと思って間違いありません。
逆に、会社で日常的に使う書類などは「記名押印」で十分です。

「捺印」と「押印」は、このように使い分けるのだということを覚えておきましょう。

捺印の使い方・例文

  1. 婚姻届けに署名捺印したことで、人生の門出を感じて気が引き締まった。
  2. 重要書類に捺印するときは、失敗するのではないかと思ってしまいいつも緊張する。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ