「罹患」とは?意味や使い方を解説!

「罹患」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「罹患」について解説します。

目次

  1. 罹患
  2. 罹患(りかん)の意味とは
  3. 罹患の使い方・例文

罹患

罹患(りかん)」という言葉について解説します。

罹患という言葉はある時期になると目にする機会が増えるかもしれません。

「今年のインフルエンザの罹患者数は…」なんて使われ方をしているのを見たことがあると思います。

文章で見ると前後の関係から意味は想像つくと思いますが、読み方やちゃんとした意味を知っているという方は意外と少ないかもしれません。

漢字の雰囲気からも難しそうな感じがすると思いますが、ここではそんな「罹患」という言葉について、意味、使い方、読み方をきちんと押さえてみましょう。

ぜひ最後までご覧ください。

罹患(りかん)の意味とは

>

罹患(読み方・りかん)とは「病気にかかること」という意味の言葉となります。

難しい漢字の割には分かりやすい意味なので、覚えやすいのではないでしょうか。

ということで、インフルエンザの罹患者数といった場合は、「インフルエンザにかかった人数」という意味になります。

インフルエンザなどの身近な病気の話題だけでなく、病院、保険、新薬開発などのニュースなど意外と目にする言葉なのでぜひ覚えてみてください。

あまり話し言葉で「インフルエンザに罹患した」とは使わないと思いますが、文章ではよく目にするので覚えておくといいのではないでしょうか。

罹患の使い方・例文

  • 環境汚染と病気の罹患率はかなり大きく影響しているようだ。
  • がん罹患者にとって、新薬の完成は明るいニュースとなるだろう。
  • はしかの罹患者数が最近増加傾向にあるらしいが、原因は何なのか究明する必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ