「零細企業」とは?意味や使い方を解説します!

「零細企業」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「零細企業」について解説します。

目次

  1. 零細企業
  2. 零細企業の意味とは
  3. 零細企業の定義とは
  4. 零細企業の使い方・例文

零細企業

皆さんは「零細企業」という言葉をご存知でしょうか。

「れいさいきぎょう」という読み方は大部分の方がお分かりでしょうか。
大企業や中小企業といったくくりが存在する中で、零細企業はあまり注目されていないイメージです。
しかし、どんな小さな企業でも、世の中の誰かを支えているのから存在できるのです。

零細企業の意味とは

零細企業とは「わずかな設備や資本で運営される、ごく小さな規模の企業」という意味です。
読み方は「れいさいきぎょう」です。

「零細」とは「非常に小さく細かいもの」という意味です。

中小企業の中でもさらに小規模な企業という定義です。
企業規模のくくりにこの規模のものを含むことを強調するのに、「中小零細企業」という言葉を使うこともあります。

>

零細企業の定義とは

零細企業という言葉自体に明確な定義はなく、中小企業に勤めている人が自虐の意味で使うこともあります。

ただ、法的には中小企業の中のさらに小規模な企業、「小規模企業」という言葉があります。
「小規模企業」の定義は業種によって異なり、商業・サービス業では従業員5人以下、その他製造業などでは20人以下となっています。

小規模企業の中には、そこにしかない技術でもって業界を支えている重要な企業も存在しています。
従業員数だけ聞いてイメージしてはいけないということですね。

零細企業の使い方・例文

  1. お宅は大企業だから羨ましい。うちはしがない零細企業なので、景気の動向は重要です。
  2. 零細企業のまま細々と経営していくか、さらなる拡大を望むのかは経営者次第だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ