「同窓会」とは?意味や使い方を解説!

同窓会という言葉はみなさんご存知かと思います。同窓会の言葉の意味や使い方についてご紹介します。

目次

  1. 同窓会
  2. 同窓会とは
  3. 同窓会の使い方・例文

同窓会

同窓会」という言葉の意味について解説します。

テレビドラマなどのエピソードの一つに「同窓会の案内が届いたけど、行かない」などというフレーズを耳にしたことはありませんか。
テレビドラマの中では、行かないと言っていたけれど、級友からの誘いもあり中学の同窓会に行ってみて、そこで恋が芽生えるなどというエピソードもありがちです。

この記事では、「同窓会」という言葉の意味をもう少し掘り下げて解説していきます。
この機会に正しく理解して活用していきましょう。

同窓会とは

まず、同窓とは「同じ学校で、または同じ師について学んだこと」という意味ですので、同窓会の意味は「同じ学校の出身者が集まった組織。またはその会合」となります。

上記と同じような言葉で「同級会」「同期会」などがあります。インターネットで「同窓とは」と検索してみると、このような言葉が出てきます。
検索はしてみたものの、どのように使い分けるのか少し迷ってしまいますよね。
ここでちょっと整理してみましょう。

「同級」とは「同じ等級。または同じ学級。」という意味です。
これに対して「同期」とは「入学・卒業あるいは入社の年度が同じであること」となるわけです。

ですので、「同窓会」とは「学年や学級に関係なく同じ学校の出身者が集まる組織や会合」。
また、「同級会」は「同じ学級またはクラスメイトが集まる組織や会合」。
「同期会」は「クラスに関係なく同じ年度に入学・卒業あるいは入社した人たちが集まる組織や会合」になります。
使い分けて使用しましょう。

余談ですが、テレビドラマの中のヒロインは、同窓会で中学の同級生と恋に落ち、そこからどう展開していくのでしょう。

同窓会の使い方・例文

  1. 定例になっている同窓会の時期が近づいてきたので、みんなに会えることを今から楽しみにしている。
  2. 仕事で知り合った方との会話で同窓生であることがわかり、次回の同窓会には必ず出席しようと約束した。
  3. 部屋を整理していたら同窓会名簿が出てきたので、昔を懐かしんでしばし見入った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ