「包括的」とは?意味や使い方を解説します!

「包括的」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「包括的」について解説します。

目次

  1. 包括的
  2. 包括的の意味とは
  3. 包括的の使い方・例文

包括的

包括的」という言葉の意味について解説します。

この「包括的」という言葉の読み方は「ほうかつてき」です。

皆さんはこの「包括的」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ビジネスの場やかしこまった場で使用される機会が多くあります。

よく「隣国との外交では包括的な交渉が進められた。」といった使い方をします。

「全体をおおっているようす」や「総括的」といった意味を持つ言葉です。

また、今回は総括的という言葉の意味についても解説します。

この機会に「包括的」という言葉について詳しく知っていきましょう。

包括的の意味とは

>

「包括的」という言葉の意味について解説します。

読み方は「ほうかつてき」となります。

この包括的という言葉には「全体をおおっているようす。総括的。」という意味があります。

使い方としては「隣国との外交では包括的な交渉が進められた。」といった表現が一般的です。

また、意味の中にある「総括的」の意味についても解説します。

この「総括的」という言葉には「全体をひとつにまとめるようす。個ではなく全般にわたるようす。」という意味があります。

使い方としては「あの評論家は、ひとつの事柄に対して総括的な批判をする。」といった表現があります。

包括的の使い方・例文

  1. 貿易がうまくいっていなかった隣国との外交は、包括的に交渉が進められ我が国が損をすることはかろうじてなくなった。
  2. 今回の問題は、包括的に考えて対処しなけらばならないため、各分野の有識者に意見を仰ごう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ