「粛々と」の意味とは?意味や使い方を解説!

「粛々と」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「粛々と」について解説します。

目次

  1. 粛々と
  2. 粛々との意味とは
  3. 粛々とを使った文章・例文

粛々と

粛々と」という言葉の意味や使い方について解説します。

皆さんは、この「粛々と」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ビジネスの場や改まった場で使用される言葉です。

「おごそかなようす」や「静まりかえるようす」といった意味を持っています。

「法事が粛々と進められる。」といった使い方をします。

この言葉の中の「粛」には「つつしむ」や「身を引き締める」といった意味があります。

今回は、そんな「粛々と」という言葉の意味について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

粛々との意味とは

「粛々と」という言葉の意味について解説します。

読み方は「しゅくしゅくと」となります。

この「粛々と」という言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「静かなようす。静まりかえるようす。ひっそりとしているようす。」という意味になります。

使い方としては「お世話になった上司の法事は、粛々と進められた。」といった表現があります。

次に、2つ目は「おごそかなようす。」という意味になります。

使い方としては「伝統芸能の襲名の儀式は粛々と進められる。」といった表現があります。

静かでおごそかなようすという意味で使用され「粛」には「つつしむ」や「身を引き締める」といった意味もあり、繰り返すことでその意味を強めています。

使用する際には「粛々と〜する。」といった表現が一般的です。

>

粛々とを使った文章・例文

  1. お世話になった親戚の法事が粛々と進められ、親族は終始うつむいていた。
  2. 伝統芸能の襲名の儀式は、粛々と進められることが多い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ