「遊郭」とは?意味や使い方を解説します!

「遊郭」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「遊郭」について解説します。

目次

  1. 遊郭
  2. 遊郭(ゆうかく)の意味とは
  3. 遊郭の使い方・例文

遊郭

遊郭」という言葉について解説します。

皆さんはこの「遊郭」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

現代ではなかなか見聞きしなくなった言葉の一つとも言えるかもしれませんが、歴史や文化といった背景を持つ言葉の一つでもあります。

2021年に大ヒットをした少年向けアニメ鬼滅の刃では遊郭編という遊郭を舞台にしたパートがあるので、それでこの言葉に初めて触れたという方も多いのではないでしょうか。

大ヒットしたがゆえに、少年向けアニメで遊郭を扱うのはいかがなものか。という議論が巻き起こったりもしましたが。

ということで、ここではそんないわくつき?の言葉「遊郭」について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

遊郭(ゆうかく)の意味とは

>

遊郭(読み方・ゆうかく)とは「公許の遊女屋を集め、周囲を塀や堀などで囲った区画のこと」という意味の言葉となっています。

もう少し平たく言うと「幕府や政府が公認していた塀で囲まれた性風俗街」といったところになるでしょうか。

遊郭として現代でも有名なのものに吉原遊郭がありますが、様々な作品で舞台になったり取り上げられたりしています。

先述した鬼滅の刃でも、遊郭編で戦いの舞台として登場しますが、性風俗街ということもあり、子供も見るアニメで登場するのはどうだろうかと疑問がついたようです。

しかし、遊郭が無くなってから時間が経っており、若者の間では過去の伝統文化の一つとして受け入れられていたりもするようです。

遊郭の使い方・例文

  • 遊郭は、人間の悲喜こもごもが濃縮された地域でもあった。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ