リンクとは?意味や使い方を解説

WEBサイトを利用する際に登場するリンクとは何かについて解説します。WEBについて勉強中の人や今後WEBページを制作する予定のある方必見です。

目次

  1. リンク
  2. リンクとは
  3. HTMLのリンク
  4. リンクの意味
  5. リンクを使った文章・使い方

リンク

WEBサイトを見ていると「リンクをクリックして下さい。」「そのリンク先を参照して下さい。」「リンクするからURL教えて」などパソコンを中心にリンクという言葉をよく目にします。

何となくウェブページ上の青字のやつで、クリックするとページかわるやつでしょ?とわかる方もいるかもしれませんが、今回リンクとは何かをしっかりと理解しましょう。

リンクとは

WEB上ではリンクは「ハイパーリンク」を指します。ハイパーリンクとはWEBサイト上で他のファイルの住所(URL)を表すもののことです。

そのハイパーリンクをクリック(スマホだとタップ)することで、他のファイルの住所(外部サイトのファイルであれば、外部サイト)に遷移します。

HTMLのリンク

WEBページを作るためのマークアップ言語のHTML(HyperText Markup Language)ではリンクはaタグで記述します。

リンクの書き方

<a href="リンク先のURL">クリックするとリンク先に飛びます。</a>

リンクの意味

リンク(link)の英語の意味は「」「関連付け」などを意味します。

さきほどのaタグを使った例を使うと、現在開いているページと、他のページが関連付けられている・つながっている様からリンクと名付けられました。

リンクを使った文章・使い方

  1. そのリンク先は正しくない
  2. Yahooへのリンクをはる
  3. 被リンクをもらう

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ