「ジェネラル」とは?意味や使い方を解説!

「ジェネラル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ジェネラル」について解説します。

目次

  1. ジェネラル
  2. ジェネラルとは
  3. ジェネラルの使い方・例文

ジェネラル

ジェネラル」という言葉をご存じでしょうか?

「ジェネラル」単体では聞いたことがなくても、「ジェネラルマネージャー」などの他の語との組み合わせの形で耳にしたことがある人も多いかもしれませんね。

「ジェネラル」という言葉はいろんな語と組み合わせられて使われていることが多いですが、その意味を知っている人は少ないのではないでしょうか?

まだ意味を知らないという人はここでしっかりと覚えていきましょう。

ジェネラルとは

「ジェネラル」という言葉には大きく分けて二つの意味があります。

まず一つ目は「一般の~」や「全体の~」という意味です。
例えば「ジェネラルマネージャー」の「ジェネラル」はこの一つ目の意味で使われています。

「全体の」+「支配人」=「総支配人」
「全体の」+「責任者」=「総責任者」

といった使われ方ですね。

二つ目は「将軍」や「司令官」という意味です。
例えば「〇〇将軍」や「○○司令官」のを表す場合に「ジェネラル〇〇」といった形で使われます。

これら二つの意味があるので、使い方に注意しましょう。

「ジェネラル」は英語であり「general」と書きます。
発音としては「ジェネラル」の方が英語の発音に近いものになりますが、日本では「ゼネラル」とも表記されます。


 

>

ジェネラルの使い方・例文

「ジェネラル」を使った例文を紹介します。
1.彼の業績が認められジェネラルマネージャーに昇格した。
2.ジェネラルマッカーサーからの指令が届いた。
3.近所にジェネラルホスピタル(総合病院)ができた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ