「ハイライト」とは?意味や使い方を解説!

「ハイライト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハイライト」について解説します。

目次

  1. ハイライト
  2. ハイライトとは
  3. ハイライトの使い方・例文

ハイライト

ハイライト」という言葉を聞いたことのある人も多いかと思います。
ニュース番組やスポーツ番組で「今週のハイライト」「今日のハイライト」などの言い回しで多用されていますよね。

この記事ではこの「ハイライト」の意味や使い方を詳しく解説していきます。

ハイライトとは

「ハイライト」には2種類の意味があります。

1つは「絵画や写真などで最も明るい部分」という意味です。この意味とほぼ同じで、デジタルの用語では「画面の一部を明るくすること」という意味で使われています。
ハイライトは英語で書くと「highlight」となり、「high」は「高い、強い」、「light」は「光」という意味です。
その2つの単語をあわせて「ハイライト(highlight)」=「強い光が当たる部分」=「絵画や写真などで最も明るく見える部分」となるのです。

2つ目の意味は「映画やスポーツなどで最も盛り上がったシーン」です。
これは1つ目の「最も明るく見える部分」という意味から派生したものです。
「明るく見える(光が当たる)」=「目立っている」とも取れるので、そこから「最も興味深いシーン」「最も盛り上がったシーン」へと転じていったとされています。
より砕けた言い方では「見所」というように言い換えることができます。

上記の「今週のハイライト」「今日のハイライト」はこの2つ目の意味です。

また、ハイライトは、ヘアカラーする際にベースの色に対してブリーチなどで部分的に明るい色を作り、全体的に立体感を出す手法のことを表します。

>

ハイライトの使い方・例文

  1. 絵画教室でより効果的なハイライトの入れ方を教わる。
  2. リアルタイムで見られなかった野球の試合を、ニュース番組のハイライトで確認した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ