「得策」とは?意味や使い方を解説します!

「得策」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「得策」について解説します。

目次

  1. 得策
  2. 得策(とくさく)の意味とは
  3. 得策の使い方・例文

得策

得策」という言葉について解説します。

「この仕事は引き受けるのが得策だ」「大雪に備えて一週間分買ってしまう方が得策かも」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きした事があるのではないでしょうか。

日常生活の中でも「AとB、どっちが得策なんだろう…」なんて考えこんだ経験は、一度や二度ではないですよね。

ということで、ここではそんな「得策」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

得策(とくさく)の意味とは

得策(読み方・とくさく)とは「利益のあるはかりごと。うまいやりかた」といった意味の言葉となっています。

ざっくり言ってしまえば、「得をするやり方」となるでしょうか。

AとB、どちらが得策か…といった場合、「AとB、どちらがより利益があるのか、うまいやりかたなのか…」という意味になることが分かりますよね。

ちなみに、〇〇策という言葉は他にも「上策」「良策」「愚策」など様々ありますので、簡単にまとめたいと思います。

上策:すぐれたはかりごと
良策:それに適した優れたはかりごと
愚策:へたな策略(はかりごと)

となっています。

それぞれ使い分けができるようになると、スマートかもしれません。

>

得策の使い方・例文

  • 帰省の手段は、プライバシーが保てる車での移動と、渋滞がない電車での移動、どちらが得策なのか悩むところだ
  • いくら気が許せる同僚といえど、職場の不満を全てぶちまけてしまうのは得策とは言えない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ