「人事を尽くして天命を待つ」とは?意味や使い方を解説!

「人事を尽くして天命を待つ」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「人事を尽くして天命を待つ」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 人事を尽くして天命を待つ
  2. 人事を尽くして天命を待つの意味とは
  3. 人事を尽くして天命を待つの由来
  4. 人事を尽くして天命を待つの使い方・文章

人事を尽くして天命を待つ

人事を尽くして天命を待つ(じんじをつくしててんめいをまつ)」という言葉の意味と人事を尽くして天命を待つを使った文章について解説します。

文字の意味だけではいまいちわからないこの言葉についてしっかりと意味を理解しましょう。

人事を尽くして天命を待つの意味とは

人事を尽くして天命を待つの意味は「やることをやり尽くしたら、その後は運命に任せること」を表します。

人事とは、人にできる全てのことという意味であり、人間社会の出来事のことや会社の人事部などという意味ではない。

人事を尽くして天命を待つの類語

  • 能事畢れり

人事を尽くして天命を待つの由来

人事を尽くして天命を待つは、中国の胡寅(こいん)の「読史管見」の一節に「人事を尽くして天命を待つ)」という言葉があり、それが由来と言われています。

人事を尽くして天命を待つの使い方・文章

  1. 明日は大事な初戦だから、人事を尽くして天命を待つように、早く寝て明日に備えよう。
  2. ひたむきに勉強して頑張った、後は人事を尽くして天命を待つのみだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ