「腕が鳴る」とは?意味や使い方を解説!

「腕が鳴る」という言葉の意味について解説します。あわせて「腕が鳴る」を使った例文や由来についても紹介します。

目次

  1. 腕が鳴る
  2. 腕が鳴るの意味とは
  3. 腕が鳴るの由来
  4. 腕が鳴るの使い方・例文

腕が鳴る

「腕がなる」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?力を発揮する時などに聞く言葉ですよね。
よく聞く言葉なので、由来や正しい使い方を知り、効果的に使いたいですよね。
この記事では、「腕がなる」の意味や由来、例文などを紹介していきます。

腕が鳴るの意味とは

「腕が鳴る」の意味は、「早く力を発揮したくて、じっとしていられない様子」です。
実力を周りに見せたくて、うずうずしている様子ですね。「腕が鳴る」を使う人物は、必ず自信満々なはずです。使う場面では、その人の実力を周りに対して示せる場だからです。誤った意味で使用しないように注意してください。

>

腕が鳴るを英語で表すと

「腕が鳴る」を英語で使う場合、様々な言い方があります。

例えば「I can't hardly wait to ~」です。
直訳ですと「~したくてたまらない」という意味です。
他には、「be itching to~」というものもあります。
こちらは「すぐに~したくてたまらない」という意味があります。
どちらも、~したくて待てないというニュアンスが含まれています。

腕が鳴るの由来

ここでは、「腕が鳴る」がどうして言われるようになったのか説明します。
「腕が鳴る」という言葉の腕とは、実力や器量を指す言葉です。そして鳴るは、うずうずしている様子を表しています。なので由来は、「実力を早く発揮したくて声をあげている」ということになります。

腕が鳴るの使い方・例文

  • 強敵が現れて腕が鳴る。
  • 初戦から強豪校だが、先輩は腕が鳴ると言って、この戦いを楽しみにしていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ