「アイキャッチ」とは?意味や使い方を解説!

「アイキャッチ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思います。あまり聞き慣れない方も多いと思いますが、どのようなときに使う言葉なのでしょうか。この記事では「アイキャッチ」の意味や使い方について解説します。

目次

  1. アイキャッチ
  2. アイキャッチの意味とは
  3. アイキャッチを使った文章・例文

アイキャッチ

アイキャッチ(Eyecatch)」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

しかし、皆さんは「アイキャッチ」という言葉の意味を正確に知っていますか。
今回は「アイキャッチ」について解説していきます。

アイキャッチの意味とは

「アイキャッチ」という言葉の意味は、「目立つ画像や映像などを載せたりして、
視線をとらえること」「テレビ番組のCMの前後に挟み込まれる短いカット、映像のこと」「広告業界で、見ている人の目を引いたり奪ったりすること」となります。

元々はテレビや広告業界でよく使われていましたが、今ではブログでも基本となる手法になっています。
英語では「Eyecatch」ですが、カタカナ語の言葉です。
※カタカナ語:日本語の文章の中でカタカナで表示される外来語や和製英語のこと。

主にアニメ等で、番組中盤のCMの前後に入るタイトル画面をアイキャッチと呼んでいます。
CMを見てもらうことや、CMの後に何のアニメが始まるのかわかるようにするのが目的です。

通常の作品は1、2種類しか制作されないのが普通なのですが、アニメによっては全話の前後分すべてを違うアイキャッチにしていることもあります。

番組終了時の提供クレジット背景またはその後に流されるものはアイキャッチではなく、
「エンドカード」と呼ぶことが多いです。

アイキャッチを使った文章・例文

<例文>

  • この手法は高いアイキャッチ効果を発揮することができた。
  • アイキャッチ効果が高くなるように、とにかくインパクトの強い映像を制作している。
  • アイキャッチ画像はブログなど、インターネット上でも使われるようになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ