「目から鱗が落ちる」とは?意味や使い方を解説!

「目から鱗が落ちる」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「目から鱗が落ちる」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 目から鱗が落ちる
  2. 目から鱗の意味とは
  3. 目から鱗の由来
  4. 目から鱗の使い方・文章

目から鱗が落ちる

目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)」という言葉の意味と目から鱗が落ちるを使い方・文章について解説します。

日常では「目から鱗」などで略して使われたりするこの言葉だが、文字の意味だけではいまいちわからないと思うので、この機会にしっかりと意味を理解しましょう。

目から鱗の意味とは

目から鱗の意味は「何かをきっかけに、急に物事が理解できること」を表します。

目から鱗の類語

  • 腑に落ちる

目から鱗の由来

目から鱗が落ちるは、、新約聖書の中の話の1つで、キリストを迫害していた男が天の光によって、目が見えなくなってしまったが、キリストの弟子であるアナニアからキリストの啓示を聞いたら、目から鱗のようなものが落ち、目が見えるようになったことが由来と言われています。

本来は、誤りを悟り迷いから覚めるという意味で使われていたが、いつしか「何かをきっかけに、急に物事が理解できること」という意味で使われるようになった。

目から鱗の使い方・文章

  1. 高校でコーチにアドバイスをもらったことで、目から鱗が落ちたような気持ちになった。
  2. こんな素晴らしい掃除方法があったなんて、目から鱗である。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ