「胡蝶の夢」とは?意味や使い方を解説!

「胡蝶の夢」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「胡蝶の夢」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 胡蝶の夢
  2. 胡蝶の夢の意味とは
  3. 胡蝶の夢を使った文章・例文

胡蝶の夢

胡蝶の夢(こちょうのゆめ)」ということわざの意味について解説します。

中国戦国時代の思想家荘子斉物論の故事に基づく「胡蝶の夢」という言葉を聞いたり読んだりした方もいると思います。

この胡蝶の夢という言葉の意味をご存知でしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。
 

胡蝶の夢の意味とは

胡蝶の夢の意味は「夢と現実とがはっきりと区別出来ないこと。またその区別を超越出来ないこと」「人生とははかないということ」となります。
読み方は「こちょうのゆめ」です。

荘子が、蝶となった夢を見て目覚めたのち、自分が夢のなかで胡蝶に変身したのか、胡蝶が今夢の中で自分になっているのかと疑ったという内容です。

この説話は、荘子の「無為自然」目的意識に縛られない自由な境地のことであり、その境地に達すれば自然と融和して自由な生き方ができるという考え方が現れている。

「胡蝶の夢の百年目」という言葉は、人生を振り返り、夢であったかのように思うこと、死期が迫ったことに驚いて後悔することのたとえです。

<類語>
「荘周の夢」「南柯の夢」「黄梁一炊の夢」
「往事渺茫」

<英語>
「an evanescent life」
「Our life is  but a span 」
 

>

胡蝶の夢を使った文章・例文

<例文>

  1. 彼はとても波乱万丈な生き方をしてきたが、やっと幸せを手にしたかと思ったら旅立ってしまった。人生とは胡蝶の夢のようだよ。
  2. これを胡蝶の夢というのなら、あの二人こそが胡蝶そのものなのだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ