「遠くの親戚より近くの他人」とは?意味や使い方を解説!

「遠くの親戚より近くの他人」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「遠くの親戚より近くの他人」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 遠くの親戚より近くの他人
  2. 遠くの親戚より近くの他人の意味とは
  3. 遠くの親戚より近くの他人の類語
  4. 遠くの親戚より近くの他人を使った文章・例文

遠くの親戚より近くの他人

「遠くの親戚より近くの他人」という言葉の意味や由来、例文について解説します。

日常会話や恋愛の中でもよく聞くことわざですが、皆さんは、遠くの親戚より近くの他人の正しい意味を知っていますか。

生きるうえでためになることわざです。

間違った意味で使うと、恥をかいてしまう恐れがあるので、この機会に正しい意味を理解していきましょう。

遠くの親戚より近くの他人の意味とは

遠くの親戚より近くの他人とは、「血の繋がった親類も離れた土地に暮らしていると、行き来もなくなり、いざというときに助けられることはなく、他人でも近くに住んでいる人の方が力になってくれる」という意味になります。

 

遠くの親戚より近くの他人の類語

  • 手遠い者は、まさかの用に立たぬ
  • 遠い一家より近い他人
  • 遠き親子より近き他人
  • 遠親は近隣に如かず
  • 遠水喉を救わず
  • 遠水近火を救わず
このように、遠くの親戚より近くの他人ということわざには、さまざまな類語があります。

遠くの親戚より近くの他人を使った文章・例文

  1. 遠くの親戚より近くの他人と言うように、遠い親類は頼っても無駄である。
  2. 遠くの親戚より近くの他人とはよく言ったもので、近所との繋がりは大事だ。
  3. 遠い親類が助けてくれなかったので、遠くの親戚より近くの他人という言葉を痛感した。
  4. 恋愛をしていると、遠くの親戚より近くの他人という言葉を実感する。
  5. 母は、遠くの親戚より近くの他人という言葉を重んじて、近所との繋がりを大切にしている。
  6. 遠くの親戚より近くの他人というのは、遠い親戚をないがしろにするという意味ではない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ