「ディカフェ」とは?意味や使い方を解説!

「ディカフェ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ディカフェ」について解説します。

目次

  1. ディカフェ
  2. ディカフェとは

ディカフェ

この記事では「ディカフェ」について解説させていただきます。

みなさんはディカフェという言葉を聞いたことがありますか?
スターバックス通称スタバと呼ばれるカフェなどでは一般的なメニューとして存在しているディカフェですが、味が好きだから飲んでいるけど実際にはどのような飲み物なのか理解していなかった人も意外といるのではないでしょうか?

そんな方はぜひこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

ディカフェとは

まずディカフェの意味についてですが「本来はカフェインを含んでいる飲料水などからカフェインを取り除いたものや、カフェインを添加する飲料にあえてカフェインを添加させないことでカフェインを含まないもの」となっています。

つまりは、あえてカフェインを抜いた飲み物ののことという意味です。

ディカフェという言葉と似た意味をもつ飲み物に、ノンカフェインコーヒーや、カフェインレスというものがあります。どの商品もスタバなどでは取り扱われている商品なのですが、これらは一体何が違うのでしょうか?

まず、ディカフェについては上記の通りで本来はカフェインがあったものをあえて除いた飲み物となります。対してノンカフェインコーヒーは元々カフェインが全く含まれていない飲み物を指しています。そして、カフェインレスとはカフェインが少しだけ含まれているものとなります。

そのため、カフェインを取りたくない場合にはディカフェかノンカフェインを注文すれば問題ありません。
ディカフェとノンカフェインは提供された状態であればどちらもカフェインが入っていないという事で同じ飲み物ではありますが、本来手を加えていない状態のものがカフェインが入っていたのか入っていなかったのかが違いの決め手となります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ