自宅警備員とは?意味や使い方を解説

2chなどで頻出する「自宅警備員」という言葉。日常的にはなかなか使う機会のない言葉ですが、ネットでは頻繁に使用されるためしっかり覚えておきましょう。

目次

  1. 自宅警備員
  2. 自宅警備員の意味とは
  3. 自宅警備員を使った文章・使い方
  4. その他

自宅警備員

2000年あたりから生まれたネット用語である「自宅警備員」という言葉。

瞬く間にネットで広がった単語ですが、実は今の若い人には意味を知らない人なども多くいるようです。

日常生活では全く使われることのない言葉ですが、2chやSNSでは一般常識として使われます。しっかりと覚えておきましょう。

自宅警備員の意味とは

自宅警備員とは、その名の通り「自宅を警備している人」です。

一般的には「ニート」や「引きこもり」などの仕事をせず、家にずっといる人のことを表した言葉です。

バッシングや煽りの時に使われるというよりは、自虐のような形で使われることの方が多い言葉です。

最近では自宅警備員を英語し、「security guard 」という人も多い。

自宅警備員を使った文章・使い方

1.仕事辞めて今日から自宅警備員に転職しました
2.自宅警備員してて楽しい?
3.コミケの時だけは自宅警備員やめるわ

その他

「自宅警備員 求人」で検索をかけると、大手の求人情報サイトが出てきますが、「自宅から近い」というフィルターがかかった検索結果が出てきます。
(もちろん自宅警備員の仕事では出てきませんのでご注意下さい)


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ